いろんな活用ができる鈴鹿墨

墨にはいろんな活用法があるようですね。一般的に墨というと墨汁をイメージすると思いますが、これは絵の具などにも使われるものです。 墨を作るにはその土地の風土が大切になります。これは何でも一緒ですよね。同じ野菜を作っても、地域によって味が違いますし、その野菜にあった土地で作ったものはブランドになったりします。 同じように墨の産地はいくつもあると思いますが、中にはかなり長い歴史を持っている地域もあるようでそれが鈴鹿地区になります。 くわしいことがウィキペディアに載っていたので参照させて頂きたいと思います。

・鈴鹿墨(すずかずみ)は三重県鈴鹿市で生産される墨の一種で、文具や絵具として一般的に利用される他に、練り固めた墨に彫刻などの細工を施した美術工芸品としても生産されている。

・歴史

鈴鹿墨の歴史は平安時代初期に始まると言われている。 鈴鹿は製墨に必要な松や弱アルカリ性の水や気候風土に恵まれており、江戸時代以降の墨染めの需要増加とともに発展をしてきた。 鈴鹿墨と同地区で生産されている伊勢形紙とも密接な関係があるといわれている。

鈴鹿市のホームページ製作・サイト作成 SEO対策と集客 いろんな活用ができる鈴鹿墨 伝統工芸の伊勢型紙 重要無形文化財ってどんなもの 産業の一つ伊勢茶 ほっと一息なら緑茶でしょう 煎茶でリラックス これからはホームページを制作して有効活用しよう! ホームページを作ったらSEO対策は必要 ホームページ制作上の対策とは