伝統工芸の伊勢型紙

地域で根付いた工芸品はいくつもあります。もちろんよく似たモノがあったりしますが、少なからず差別化が図られていていい味を出しているものがほとんどだと思います。 その中に伊勢神宮で有名な伊勢にある伊勢型紙というものがあります。これはお土産屋さんなどで目にすることが多いもので、独特の風合いの紙を切り抜いて絵にしてあるものです。

通常は額縁などに入れてあり、絵画のように部屋に飾って装飾するものとなっています。詳しくウィキペディアに掲載されていたので参考として載せさせて頂くことにしました。

伊勢形紙(いせかたがみ)は、着物などの生地を一定の柄や紋様に染色するために使われる形紙の一つである。近年では単に染色用の形紙だけではなく、図柄の芸術性が評価され、美術工芸品や家具などに使用されることも多い。

三重県鈴鹿市で主に生産されており、現在流通している90%以上の伊勢形紙ははこの地区で生産されている。 1955年(昭和30年)に文化財保護委員会(文化庁の前身)から重要無形文化財の指定を受け、また1983年(昭和58年)には通産省の伝統的工芸用具の指定を受けている。

製法

柿渋によって張り合わせた美濃和紙を台紙とし、彫刻刀で図柄を彫る。台紙は何枚か重ねて使うので、同じ柄の型紙が一回の彫刻で複数枚出来る。使用する彫刻刀の種類によって錐彫り・道具彫り・突彫り・縞彫りに分類される。

漢字表記

伊勢形紙の漢字表記は伊勢形紙、伊勢型紙と二通りあり、どちらも使用されている。

鈴鹿市産業政策課によると、重要無形文化財として指定を受けた際に型の字が用いられ、また、伝統的工芸用具として通産省から指定を受けた際に形の字が用いられており、管轄省庁によって使い分けられていて、どちらかが正しくてどちらかが間違っているということではない。

鈴鹿市のホームページ製作・サイト作成 SEO対策と集客 いろんな活用ができる鈴鹿墨 伝統工芸の伊勢型紙 重要無形文化財ってどんなもの 産業の一つ伊勢茶 ほっと一息なら緑茶でしょう 煎茶でリラックス これからはホームページを制作して有効活用しよう! ホームページを作ったらSEO対策は必要 ホームページ制作上の対策とは