産業の一つ伊勢茶

お茶は日本食を食べるうえでは欠かせないものになっていると思います。というよりも、コンビニでジュースを買わずにお茶を買う方も多いのではないでしょうか?

日本人の中にはお茶を飲む文化が染みついていると言えるでしょうね^^そして、それは産地ではさらにその色合いが濃くなります。それは当然と言えば当然のことでしょうね。

生まれた時から慣れ親しんだものは普通になりますからね。伊勢茶についても詳しく載っているウィキペディアから参照させて頂きました。どうそご覧ください。

全国的に知られる静岡県のものや宇治茶、狭山茶などと比べると、伊勢茶の知名度は低いと言えるが、国内茶葉生産で三重県は第3位である。(〜年資料より。)しかし、近年需要が高まっている加工用原料茶(アイスクリームなどに使用)には全国第1位のシェア(82%)を持つ。2007年3月に地域団体商標に認定され、翌4月には商標登録された事を受け、関係団体では積極的なPRの展開を決めている。 三重県の茶産地は旧伊勢の国全域に広がっているが大きく分けると、鈴鹿山麓に広がる北勢地域と台高山脈に広がる南勢地域が代表的。 全般的に煎茶を生産しているが、北勢地域はかぶせ茶、南勢地域は深蒸煎茶に特徴がある。

「かぶせ茶」

特にアミノ酸の一種である「テアニン」を多く含んだ「かぶせ茶」の生産量については、全国1位である(農林水産統計)。 これは、三重県全体の生産量の約3割を占めている。 なお三重県内では、伊勢紅茶のブランド名で紅茶の生産もされている。

鈴鹿市のホームページ製作・サイト作成 SEO対策と集客 いろんな活用ができる鈴鹿墨 伝統工芸の伊勢型紙 重要無形文化財ってどんなもの 産業の一つ伊勢茶 ほっと一息なら緑茶でしょう 煎茶でリラックス これからはホームページを制作して有効活用しよう! ホームページを作ったらSEO対策は必要 ホームページ制作上の対策とは