ほっと一息なら緑茶でしょう

3時のおやつの後や少しお菓子を食べた後などはお茶が飲みたくなるものですよね^^ 他に会社を訪問したときにも、コーヒーやお茶が出てきますが、おいしいお茶を出して頂くと、自然と心が和んでしまものです。

お茶には良い成分もたくさん入っているのでそれも影響しているのでしょうかね?そんなお茶についてのくわ良い記述をwikipediaで見つけたので掲載させて頂くことにしました。

日本茶は、ほとんどが緑茶であり、日本でもっとも良く飲まれている茶である。中国茶もジャスミン茶として飲まれるものを含み緑茶に分類される物が主流で、また、中国で最も飲まれている茶も緑茶である。烏龍茶、プーアル茶などは、中国国内では比較的特殊な部類に入り、産地を離れると余り飲まず、日本人にとっての玉露や抹茶の様な扱いになる。

緑茶の製法は日本と中国では主流となっている方法がやや異なり、風味も異なる。日本では発酵を止めるために蒸すのに対し、中国では釜炒りを行うのが主流である。なお、日本国内でも佐賀県の嬉野茶(うれしのちゃ)や宮崎県・熊本県県境付近の青柳茶(あおやぎちゃ)の様に釜炒りの製法を取っているものがある。 未選別の中間加工品、茎・芽・硬葉等を含んだ茶葉(生葉)を蒸熱、揉み操作、乾燥等の加工処理を経て製造され仕上げ茶として再製する以前のいわゆる荒茶をそのまま販売する際に「青柳」と称する場合もあるので区別の必要なことがある。

緑茶のように茶葉収穫後に加熱処理を加え、茶葉自身に含まれる酵素による酸化発酵を極力抑えた物を不発酵茶と言う。この場合の加熱処理を殺青(さっせい、sh?q?ng)と呼び、また、これを蒸製により行なった場合を特に蒸青(じょうせい、zh?ngq?ng)と呼ぶ。日本においては蒸製により殺青を行なうものが主流だが、世界的に見るとこれはかなり特殊な部類に入り、現在では日本固有のものと言える。ただし、緑茶の消費は中国と日本が主であり、古来は中国においても殺青は盛んに行なわれていた。この他、炒製(釜炒り)、煮製(番茶類)、焼製、晒青(日光に曝す)などによる方法がある。

緑茶同様に茶葉を処理した後、微生物の作用を持って発酵させた後発酵茶(黒茶)と呼ばれる一群の茶飲料が存在する。阿波番茶(あわばんちゃ)や碁石茶(ごいしちゃ)がその例である。これらは特殊茶のなかの漬物茶に分類される。ジャスミン茶は、緑茶に乾燥させたジャスミンの花弁を入れて香りを付けたものであるが、分類上は花茶、着香茶に入る。

日本では、寿司や菓子とともに、あるいは食後に、熱い茶を飲むのが一般的だった。近年、ペットボトル入りの緑茶の普及と健康志向の高まりで、水やジュースなどと同じ感覚で屋外や運動中に冷えた茶を飲む例が増えている。飲料メーカーは「ノンカロリー」「カテキン効果」などを宣伝文句に販売し、欧米やアジア諸国でも緑茶ブームが起きている。空腹時に飲むと、カテキンが胃の内壁を傷つける[要出典]。 -> カテキン#茶カテキンの安全性に関する情報

鈴鹿市のホームページ製作・サイト作成 SEO対策と集客 いろんな活用ができる鈴鹿墨 伝統工芸の伊勢型紙 重要無形文化財ってどんなもの 産業の一つ伊勢茶 ほっと一息なら緑茶でしょう 煎茶でリラックス これからはホームページを制作して有効活用しよう! ホームページを作ったらSEO対策は必要 ホームページ制作上の対策とは